スキップしてメイン コンテンツに移動

zenmonoと禅の関係、それを生み出した理由。

zenmonoを今年生み出した理由と、来年の目標を今年最後のブログにしたためたいと思う。

まず、”makes' paltform zenmono”の以下ロゴを以下ご覧頂きたい。

 これは「ある人物」が坐禅をしている図である。そして、その「人物」が坐禅中に、肚(丹田)のあたりからあることに気がついた瞬間である。

 この、ある人物とは、わたし「三木」である。実はこれは、zenmonoを思いついたその瞬間を表したロゴなのである。わたくしの趣味のひとつは、自宅で毎朝行っている坐禅である。

 坐禅中にあることに気がついたこととは、

 それは、目に見える「お金」という資源と、目に見えない「共感、支援、感謝」など平等扱い、集める事ができるプラットフォームが必要だということだ。

 実は、その数ヶ月前から、すでにあるクラウドファンディングを行っている業界の方々との交流が数多くあり、クラウドファンディングを構築する構想を練っていた。しかし、クラウドファンディングはすでに数多くある上、クラウドファンディング業界の方々と話をしていて感じていたある違和感がわたしを、この業界に参入することにストップをかけていたのだ。

 その違和感とは、「お金」という資源さえ集まれば、プロジェクトを達成したい人々の夢は叶えられ、全てはうまくゆくというある思い込みである。それはクラウドファンディング業界関係者からも受けていたし、その方々に自分も影響を受けてしまっていたことへの違和感であった。

 本当に、「お金」だけ集まればプロジェクトは全てはうまく行くのだろうか。

 我々がそれまでに体験していた、モノづくり業界における「鍵」は、「お金」は重要なファクターであるが、「お金」だけでは完成度の高いモノづくりは実現できないといううことである。こちらのコラムにも書かれているように、先行している米国において、有名なクラウドファンディングサイトで資金的100%集まったものの、最後まで遂行されているプロジェクトは過半数ということも言われているらしい。また、こちらのレポートではindiegogoやkickstarterで過去に成立したハードウェア系プロジェクトがこれだけデフォルトしているというデータなどがレポートされて話題となっている。
 
 我々の経験から、完成度の高いモノづくりの「鍵」実はモノづくりに協力してくれるたくさんの町工場さんや、デザイナーさんや、マーケティングの支援をしてくれる人、販路開拓を支援してくれる人、その他多くの人びとの共感と協力であった。このあたりのことは、CAREER HACKさんのこちらの記事に取材されているので参考にしてほしい。



 ここで、突然だが、「奇跡のリンゴ」で有名な木村さんという方はご存知だろうか?リンゴ農家として、農薬に敏感な奥さんが苦しんだことをきっかけとして、無農薬でのリンゴ栽培は、「神の領域」と言われるほど困難な事だったそうである。

 完全無農薬のリンゴ作りにチャレンジし、11年間もの地獄のような極貧生活を体験し、リンゴの無農薬栽培を完成し、現在では自分の発見した無農薬農法を日本だけではなく世界に広めようと奮闘されている方である。

 木村さんの著書を何冊か読ませていただいたが、この成功の裏には木村さんを支えた、奥さんや子どもたち、木村さんの義父の励まし。そして「かまどけし」(ごくつぶし)と言われた木村さんを応援し続けた、数少ない友人の存在だったのだ。そう、「人とのつながり」「人の支援」がこの奇跡的な偉業の鍵だと感じている。

 仮に何らかのかたちで木村さんに膨大な「お金」が集まった場合を考えた場合、奇跡のリンゴは生み出せただろうか。仮にリンゴの無農薬栽培ビジネスとして考えた場合、投資的な視点から、成立し得なかっただろう。「お金」だけを頼りに、11年間もの間試行錯誤を続けることはできたかといえば、おそらく途中で諦めてしまったのではと感じるのである。

 「農業」というのは自然相手なのでとにかく時間がかかるもなのである。様々な試行錯誤をして、あるトライの最終的な結果が出るのは1年後という、気の遠くなるような長い時間の試行錯誤が必要なものである。

 そのような気の遠くなるような試行錯誤を木村さんがくぐり抜け、奇跡といわれるリンゴの無農薬栽培を成し遂げたのは、人の共感、サポートがあって成り立つものである。もちろん、そこには何らかの金銭的な支援があったほうが良かったのは間違いないが。。



 クラウドファンディングというと、ファンディング(資金調達)という意味で、「お金」だけに焦点をあて過ぎるというのが、わたしの違和感であった。

 だから、あえて自分たちのサービスをクラウドファンディングではなく、makers' platform (メイカーズのためのプラットフォーム)と呼んでいる。

 冒頭に述べたわたしの違和感は、人々が企画したプロジェクトを達成するために、「お金」という資源に焦点があたり過ぎてるというものであった。 お金は事業をする上で、最も重要な資源である。しかし、「お金」以外の資源も同じく重要である。だから、メイカーズプラットフォームにおいては、「お金」と「お金以外」の資源を平等に取り扱い、お金以外の資源も集められるようにした。

 「お金」は数字としてストレートに表現できる。だから、世間の注目は「目に見える成果」としての「お金」に集まりやすい。だから、人々は目に見えない様々な資源にも同じく価値があるということを忘れてしまうのだ。

 昨今、シリコンバレーでも自分の脳の機能の最大化として「禅」が注目されているということである。禅により脳の機能を最大化することで、優れたアイディアを自ら生み出すことができる。

 優れたアイディアがすぐに「お金」という資源に結びつきやすい、IT業界だからこその方法論としての「禅」なのであろう。禅を通じて生み出した優れたアイディア→優れたITサービスのビジネス化→目に見える「お金」という富の獲得というシンプルな思考の流れを追求しているのだろう。

 しかし、世の中には目に見える「お金」という資源だけではなく、「子供を思う親の気持ち」や「誰かが誰かを恋する気持ち」など目には見えないけれども、確固としてと存在している貴重なものもたくさんある。

 zenmonoに掲載する事業や、プロジェクト物事をうまく成就させるために重要なことは、「目に見える」資源としての「お金」、「製造設備」などの資源と、「目に見えない」資源である、「人の共感」、「人からの支援」、「人を想う心」、「感謝の心」などもプロジェクトを達成するための重要な「資源」と考えて同じようなハンドリングを行うことなのだと思う。

 われわれのzenmonoでもこの部分は、狙い通りにうまく機能しているとは言えないので、日々カイゼンのために試行錯誤(木村さんを見習って粘り強く)がつづいている。しかし、上記のような考えをもって、プラットフォームを設計していけば、からずワークしてくれるものであると考えている。



 (zenmonoのサービス・コンセプト図)

 「禅」がシリコンバレーなど世界にひろまりつつあること、すなわち日本人がこれまで大切にしてきた、「目に見えない世界」のことが現実社会の「目に見える世界」にどれほど大きな影響を与えるのかということに、感度が高いシリコンバレーという地域に集まっている人々が気がつき始めた証拠なのであろう。

 偶然なことに日本で最初に建立された、禅寺である建長寺がわたしが住んでいる鎌倉にある。また、鎌倉の周辺には多くの禅寺が存在している。その鎌倉からzenmonoが生み出されたことも偶然ではないとも感じている。禅を通じて生み出されたzenmonoが、かつては世界の人々が兼ね備えていた「目に見えないもの」を感じ取る能力とその価値を世界にもう一度広めるということがわたしの来年以降の大きな目標になるであろうと感じている。

 来年は、zenmonoを英語化する予定である、そして、この鎌倉の地から世界の人々に日本のプロダクトと日本の文化、そして「目に見えない価値」と「お金」を平等に扱う重要性をより知ってもらおうと考えている。シリコンバレーにも行ければよいのだが。。

2013年12月30日

コメント

このブログの人気の投稿

会社を渋谷から鎌倉に引っ越したわけ

会社を渋谷から鎌倉に引っ越したわけ 〜鎌倉にマインドフルシティをつくる〜

 2019年1月、これまで9年間、東京の渋谷を中心に活動をしていた株式会社enmonoを鎌倉に引っ越した。渋谷では大変おせわになり、多くのネットワークができたので、非常に感謝している。しかし、ここ数年、なんとなく東京の雰囲気があわなくなってきたということに気がついてきた。

 わたしが代表を務める、株式会社enmonoは、これまで9年の間製造業を中心に、新製品開発とイノベーションを興すための学校、zenschool(ゼンスクール)を運営してきた。現在は卒業生として145名のイノベータを育成する会社になっている。

 中には富山県で伝統的な金型製造を営んでいた会社が、ぶっ飛ぶほどのすばらしいデザインの美術館になったり、東大阪で加工業を営んでいた会社のオーナーが、製造業の経営者限定の会員制のスナックを作ったりと、これまでと全く異なるビジネスを展開する事例が増えてきている。(卒業生のイノベーション事例はこちら。)

 そんな、ぶっ飛んだ発想にたどり着き、それを実現してしまう人たちは、かならずしも、デザインやアート、イノベーションのイメージが強い東京の青山、六本木、渋谷、秋葉原などのキラキラした場所に集う若者たちではなく、むしろ地方の工場や、飲食店などで地道にものづくりや、お客さんに美味しい食事を出そうと地道に努力している、手に職がある方たちなどであることに気がついた。
 そう、どちらかというと内向的で、自己表現がうまくない、いわいる「イケてない」人たちが多いということに気がついたのだ。しかし、そのような人たちは、実は自分の内側には巨大な創造性をもっており、その内発的な動機を発掘することで、非常にクリエイティブで情熱的になるということがわかってきた。

 いわいる「イケてる系」のクリエーターは、自分の外にある情報を効率的に収集し、編集し創造するのに長けているのに対して、「イケてない」系のイノベーターは、外部の情報ではなく、自分の内なる内発的動機にアクセスして、自分の中から創造性と情熱をとりだし、これまで全く見たこともなかったようなイノベーションを興すということがわかってきた。これまでの卒業生の傾向から「イケてない系」の方が圧倒的にパワフルで、かつ完全にオリジナルなモノが取り出せることに気がついた。

 活躍し…

日本は隠れた技術の宝の山!

会社を立ち上げてから、約1ヶ月が経過した。
毎日が様々な方との出会いである、
当社の会社名は enmono (エンモノ)というが、まさに毎日が エン(ご縁)のモノ(者)の連続である。
人と、人との縁がビジネスを作り出してゆく、それを強く感じる。
日本の中には、まだまだ眠っている技術が沢山ある。
日本の金融機関は、それらの技術を見ても、市場性も優位性も判断出来ないところがほとんどである。
開発した中小製造業も、金融機関から評価されないと、そういうものなのか。。と冷めてしまい技術を途中で塩漬けにしてあるところが多い。
そのために、技術が眠っているままになっている。
そんな宝の山を掘り出してきて、事業計画を作成し、資金を調達してきて、モノづくりをして、その販売ルートを構築する、それが enmono社 (縁のものの集団)がやるべき仕事だ。

「マス・モノづくり」の時代から「マイクロ・モノづくり」の時代へ

もうすでに、多くの方々が気がついているとおもうが、量産分野での日本のモノづくりの使命はおわった。

先日、30歳~40歳代の日本の錚々たる大手メーカーの購買部門の一線で活躍するバイヤーの方々が集う非公式の会に参加した。そこでの結論も、日本国内での量産案件はすでに終了しているという論が主力となった。

その会には業界、業種を超えた方々が集っていたが、それが議論の終着点ということはみなが見えていたとしても、恐ろしくてそのことに皆触れられないような雰囲気があった。

大手メーカーの第一線で「購買」という、モノの動きが一番見える部署の方々が、肌感覚で掴んだ動きから類推した結論も同じ意見だったのである。

これまでは、まだ、「国内においては、量産分野での日本のモノづくりの使命はおわった。」という自論が仮説であって欲しいという淡い期待があった、しかし、メーカーの方々の認識も同じであったということに、ショックを覚えた。なぜなら、これまでの仮説が現実化してしまったからである。

高騰する円と、中国をはじめとする安い労働力の生産拠点が勃興する中では、数十万というロットでの量産モノづくりを国内で行うことの、経済的なメリットはもはや無いと言った方が適切だろう。

国内での量産は終わったということであれば、これから数十万という大量ロットを主とするモノづくりから、数十~数千単位での「マイクロ・モノづくり」に日本の中小製造業をはじめとした製造業はシフトする必要がある。

少量生産のものを、できるだけ高い付加価値をつけて、販売ルートにのせることが、「マイクロ・モノづくり」である。それこそが、日本のモノづくりの火を残す最後の手段になるであろう。

仮に日本が、「マイクロ・モノづくり」の道を選択するとなると、付加価値が高く、1種類のロットが数十~数千という製品を生産・販売して利益を稼ぎ出すという体質になっていかなければならない。

そのバリエーションも、1000~1万種類もあればその中で大ヒットとなる製品もいくつか出てくるであろう。大ヒット製品は、国内から海外への生産へ委託されて行く。

そして、それらの「マイクロ・モノづくり」製品の企画・開発するのは、日本の大手メーカーではなく、動きの速いモノづくりベンチャーや中小製造業になると考えている。

しかしながら、これまで、中小製造業は製品を自ら企画・開発するという事をおこなってこなかったので、…