2010年2月26日金曜日

国内大企業はベンチャーの革新的技術を潰すが、海外から攻める手がある

つい2週間程前、また、素晴らしい技術を持つ企業に出会った。

兄弟お二方で経営をされている会社で、ある電子技術開発に特化したことをやっていらっしゃる会社だ。

お兄様は、年齢は70歳近いとお見受けした。弟のかたは、営業担当役員をつとめていらっしゃる。

社長であるお兄様が発明・開発されたその技術は、現在多くのかたが毎日恩恵を受けている、ある革新的な先端的な技術だ。

工学博士というお兄様は、我々が付いていけないような、最先端技術のことを延々とお話をされた。

その技術は、現在多くの大企業が開発で悩んでいることを、一発で解消してしまう、画期的な技術だが、これも多くの開発型ベンチャーと同じく、「実績はありますか?」攻撃で相手を消耗させ、採用を検討するふりをして「サンプルを出せ」、「データを出せ」と次々と情報を出させて、挙句の果てに、特許の迂回の道を見つけ、周辺特許を固め、そのベンチャーにクロスライセンスを要求するという戦略をとる。

大企業も企業であるから、自社のリソースのみで仕事を進めたいということは、わかるが、先に発明している発明者に対しての敬意の欠片もない。中小企業から持ち込まれた案件を盗み見て、あたかも自分の手柄のように特許を出しまくる。

そのようにして、多くのベンチャー企業の技術の芽を摘んでしまう。

幸いにして、この会社が発明した技術の一部を使った製品を大企業が大量に生産し普及させることに成功したのでかなりの特許料を得ることができのであろう。

この会社は、その得た特許料を使って、次世代の技術を開発し、ようやくそれに成功するところまできた。

しかし、日本と言う前例主義に凝り固まった世界では、なかなかその技術を受け入れてくれるところはない。

営業といっても弟さんが一人でやられているだけで、ハードルの高い日本の大企業への営業は時間もかかるし、体力も必要だ。そこで営業支援・資金調達で我々にお声がけをいただいたというカタチである。

当社としては、この会社の開発した技術はまさに「産業界を変えてしまう」ほどのインパクトがあるという結論に達し、全面的に支援をさせていただくことにした。

まずは、シリコンバレーに拠点を置くVCに対してアピールするところから開始する。本技術は、日本の中で大手企業を相手にして悶々と悩んでいるよりも、海外で高く評価される可能性があるからだ。

このような素晴らしい技術を持っている日本の中小製造業はたくさんあると思う。

問題は、数ある中小企業で、今回のような「きらり」と光るものを持っている会社をどう探り当てるかだ。今回は幸運なことにある方の「ご縁」でご紹介をいただけることになった。

当社の社名、enmono(エンモノ)の「エン」は、「ご縁」のエンである。まさに、社名が導いてくれた、素晴らしい会社との出会いに感謝をしたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿