スキップしてメイン コンテンツに移動

「マイクロモノづくり事例」No.1~自ら製品開発を行い、自ら販路を作る ユビタマゴ~

昨日、我々が探し求めていた、理想的な「モノづくりプロデューサー」の活動を行っていらっしゃる会社を訪問した。

ミツワ株式会社である。ミツワの三輪社長とは前の会社からのお付き合いである。

ミツワは化粧品会社向けの什器などをオーダーメードで製作していた。この会社は、もともとプラスチックの射出成形メーカーであった。大手の化粧品メーカーから依頼をもらい、製作をしてメーカーに納めるといった一般的な町工場であった。

しかしながら、リーマンショック後の不況の影響で、主力の化粧品などの什器の製作の仕事や、プラスチック射出成形の仕事は、受注はあっという間に減っていったと言う。

もともと、先代社長の次代から、『発明アイディを買う300人の社長』という本に掲載されるほど、一般の方や異業種でモノづくりしたいモノづくり起業家たちから、様々なアイディア商品の企画が持ち込まれる会社だった。

そんな中で、あるデザイン会社から整体師の方が考案した、マッサージやエステシャンの3本の指を再現した美顔器の試作の話が持ち込まれた。

当初の基本的な構造は現在出荷している製品とほぼ同じだが、残念ながら量産を前提としたモノづくりに適したデザインにはなっていなかった。そして苦労の末に、その試作品を仕上げ、納品をした。

しかしながら、その後、量産の話はでなかった。依頼者の整体師の方が、量産化するのに十分な資金を持ち合わせていなかったということが、理由だったと言う。

試作品納入後から、1年ほど連絡がなかった。しかし、多くの試作品が持ち込まれる中で、なぜか、この美顔器の試作品だけが、三輪社長の心の中でなんとなく気になっていた。そこで、整体師の方に、直接連絡をとり、量産化へ向けての説得を試みたという。問題は、発案者の整体師の方に開発資金が不足しているということだった。

そこで、三輪社長は決断を下す。設計費用・金型製作費用など全てミツワで負担をするので、製造と独占販売権を譲って欲しい、整体師の方には売れた分の中からロイアリティをお支払いをすると条件を提示した。

交渉の結果、製造・販売のリクスをミツワが負担することで、本製品の製品化が決定した。

しかしながら、実際に製品が出来上がってきても、販路を開拓するのも苦労の連続だったという。営業は三輪社長自らが、大手百貨店に持ち込み商談をおこなったが、ほぼ全部が門前払いだったという。

仕方なく、近くの知り合いの美容院に製品を数個おいて使って見てもらったところ、「小顔になった」というクチコミで数個が売れ始めた。

この美容院で売れ始めたという実績をもとにして、美容院にはさみやシャンプーなどをおろす、一次問屋へのアプローチをおこなったところ、こちらでも評価をいただき、扱っていただけることになった。

その後、TVショッピングなどにも評価をいただき、採用になった。TVショッピングでは、放映中に実際に整体師の方に顔半分の施術をしていただき、顔半分が小顔になることをカメラの前で証明。その整体師の指と同じ効果が、この美顔器を使えば自宅で再現できるというようなプロモーションをおこなったところ、大ヒットにつながった。

ここで三輪社長から印象深いコメントをいただいた、「製品を開発・生産するよりも、実際に販売する労力の方が遥かに大きい」と。製品を生産するよりも、販売するコストと労力が大きいことは、これまでメーカーからの依頼で製品を製造、納入してきた中小製造業には考えがつかなかったのだろう。

現在、開発した「ユビタマゴ」はバージョン1、バージョン2とあわせて約5万台が販売されたという。

このヒットの要因を尋ねたところ、企画者である整体師の方と、モノづくりのリスクを負った三輪社長との信頼関係が大きいというコメントをいただいた。

もともとこの企画は、ミツワ自身にはなかったものである。整体やエステという業界の知識もなかったし、そのなかでどのような施術がされるか、それをどのような製品に落とし込めば良いという発想そのものがなかった。

したがって、その企画を持ち込んだ方と、その製造・販売のリクスを負担するミツワとの双方が相互を尊敬、信頼することでモノづくりや、マーケティングなどもスムーズにすすみ、ヒットにつながったという。

ミツワは間違いなく、当社が新しい日本の製造業のかたちとして推奨する、「マイクロモノづくり」をまさに実践して高収益を上げていらっしゃる会社であり、その中で自ら製品開発のリスクを負い、整体師の方と協力してマーケティング、販売をおこなった三輪社長こそ、未来の日本の中小製造業が目指す、「モノづくりプロデューサー」だと考える。

今回の事例で、製品がヒットしたポイントを以下取り上げる:

・企画持ち込み者と製造者の相互の尊敬・信頼関係の構築。
・製造者が自ら資金を提供し、リスクを負うこと。
・製造者と企画者が協力して、マーケティング、営業を行うこと。

美顔器「ユビタマゴ



開発した「ユビタマゴ」と三輪社長



三輪社長とのお話の中で、ユビタマゴを開発していた当初は、仲間の製造業から、「本業を放置して、わけの分からないものの開発にのめりこんで、会社は大丈夫なのか?」という心配の声が多く上がったという。

まだ多くの中小製造業が日本国内での万単位でのロットの量産はその経済的な合理性からみて、戻ってこないことは間違いないのに、国内の量産が戻ってくると信じている。

そのことに早く気がついた、製造業が、まさにミツワのように、自社の持っているリソースをもとにして新たな中小製造業、「中小製造業 Ver2.0」へと生まれ変わるのであろう。


文責:三木

コメント

このブログの人気の投稿

会社を渋谷から鎌倉に引っ越したわけ

会社を渋谷から鎌倉に引っ越したわけ 〜鎌倉にマインドフルシティをつくる〜

 2019年1月、これまで9年間、東京の渋谷を中心に活動をしていた株式会社enmonoを鎌倉に引っ越した。渋谷では大変おせわになり、多くのネットワークができたので、非常に感謝している。しかし、ここ数年、なんとなく東京の雰囲気があわなくなってきたということに気がついてきた。

 わたしが代表を務める、株式会社enmonoは、これまで9年の間製造業を中心に、新製品開発とイノベーションを興すための学校、zenschool(ゼンスクール)を運営してきた。現在は卒業生として145名のイノベータを育成する会社になっている。

 中には富山県で伝統的な金型製造を営んでいた会社が、ぶっ飛ぶほどのすばらしいデザインの美術館になったり、東大阪で加工業を営んでいた会社のオーナーが、製造業の経営者限定の会員制のスナックを作ったりと、これまでと全く異なるビジネスを展開する事例が増えてきている。(卒業生のイノベーション事例はこちら。)

 そんな、ぶっ飛んだ発想にたどり着き、それを実現してしまう人たちは、かならずしも、デザインやアート、イノベーションのイメージが強い東京の青山、六本木、渋谷、秋葉原などのキラキラした場所に集う若者たちではなく、むしろ地方の工場や、飲食店などで地道にものづくりや、お客さんに美味しい食事を出そうと地道に努力している、手に職がある方たちなどであることに気がついた。
 そう、どちらかというと内向的で、自己表現がうまくない、いわいる「イケてない」人たちが多いということに気がついたのだ。しかし、そのような人たちは、実は自分の内側には巨大な創造性をもっており、その内発的な動機を発掘することで、非常にクリエイティブで情熱的になるということがわかってきた。

 いわいる「イケてる系」のクリエーターは、自分の外にある情報を効率的に収集し、編集し創造するのに長けているのに対して、「イケてない」系のイノベーターは、外部の情報ではなく、自分の内なる内発的動機にアクセスして、自分の中から創造性と情熱をとりだし、これまで全く見たこともなかったようなイノベーションを興すということがわかってきた。これまでの卒業生の傾向から「イケてない系」の方が圧倒的にパワフルで、かつ完全にオリジナルなモノが取り出せることに気がついた。

 活躍し…

「マス・モノづくり」の時代から「マイクロ・モノづくり」の時代へ

もうすでに、多くの方々が気がついているとおもうが、量産分野での日本のモノづくりの使命はおわった。

先日、30歳~40歳代の日本の錚々たる大手メーカーの購買部門の一線で活躍するバイヤーの方々が集う非公式の会に参加した。そこでの結論も、日本国内での量産案件はすでに終了しているという論が主力となった。

その会には業界、業種を超えた方々が集っていたが、それが議論の終着点ということはみなが見えていたとしても、恐ろしくてそのことに皆触れられないような雰囲気があった。

大手メーカーの第一線で「購買」という、モノの動きが一番見える部署の方々が、肌感覚で掴んだ動きから類推した結論も同じ意見だったのである。

これまでは、まだ、「国内においては、量産分野での日本のモノづくりの使命はおわった。」という自論が仮説であって欲しいという淡い期待があった、しかし、メーカーの方々の認識も同じであったということに、ショックを覚えた。なぜなら、これまでの仮説が現実化してしまったからである。

高騰する円と、中国をはじめとする安い労働力の生産拠点が勃興する中では、数十万というロットでの量産モノづくりを国内で行うことの、経済的なメリットはもはや無いと言った方が適切だろう。

国内での量産は終わったということであれば、これから数十万という大量ロットを主とするモノづくりから、数十~数千単位での「マイクロ・モノづくり」に日本の中小製造業をはじめとした製造業はシフトする必要がある。

少量生産のものを、できるだけ高い付加価値をつけて、販売ルートにのせることが、「マイクロ・モノづくり」である。それこそが、日本のモノづくりの火を残す最後の手段になるであろう。

仮に日本が、「マイクロ・モノづくり」の道を選択するとなると、付加価値が高く、1種類のロットが数十~数千という製品を生産・販売して利益を稼ぎ出すという体質になっていかなければならない。

そのバリエーションも、1000~1万種類もあればその中で大ヒットとなる製品もいくつか出てくるであろう。大ヒット製品は、国内から海外への生産へ委託されて行く。

そして、それらの「マイクロ・モノづくり」製品の企画・開発するのは、日本の大手メーカーではなく、動きの速いモノづくりベンチャーや中小製造業になると考えている。

しかしながら、これまで、中小製造業は製品を自ら企画・開発するという事をおこなってこなかったので、…

「はた(傍)をらく(楽)にする」を作り出すこと。大企業の大切な仕事。

我々の会社は、中小製造業が最終製品を開発して販売することを支援している。
もともとは、リーマンショックによって、大手メーカーが海外進出するに伴い、国内で失われてしまった仕事を、製造業自ら生み出し、それを価値として売ってゆくということを中小企業自らが行うことを支援している会社である。
今回の震災で、数多くの東北地方の製造業が失われてしまった。
その中には、水産加工業者もあるし、伝統的な工芸品を製造・販売していた会社もあっただろう。また微細で精密な部品を作っていた製造業もあるだろう。
会社や工場が失われたということは、それまでそこで働いていた人たちの雇用が大幅に失われてしまったということだ。
事実を淡々とつたえる、アナウンサーのように、「雇用が失われました」と一言で言ってしまうと、その言葉の背景にある数多くの意味が伝わって来ない。
目を閉じて、あなたが、ある日突然、何の前触れも無しに会社が津波で流され、「職を失う」といった状況になった場合、どのような感情を持つのか、想像してみて欲しい。
まず、感じることは、家族を養うための不安だろうか、家のローン返済や、子供の教育費用や、健康保険、国民年金のことだろうか。
あなたは、自宅も流され、避難所での生活を余儀なくされる。
一呼吸おいて、あなたが避難所で、毎日「うつうつ」として生活をしている状況を想像してみて欲しい。
避難所での生活も1ヶ月も経過すると配給される物資は日に日に数も増え、内容も充実して来る。
しかし、未来もみえず、そう、毎日、避難所で毛布にくるまってうつうつと過ごしている日々。避難所生活も1ヶ月を超えると、余震への恐怖よりも、自分が何もしていない事自体の恐怖が上回る。
そこには、本当に気の滅入る空間だ。ちょっとでもいい、この避難所から外に出て、世の中に為に、意味のある何かをしてみたい。そう感じるはずだ。
そこに、この避難所の近くの商工会議所に東海地域の中小企業から車に乗ったイキいい配電盤の製造・販売会社の経営者が来て、東北を立て直すための仕事づくりを一緒につくろうと声をかけてまわったという噂を耳にする。
働く場所は東海地方になるが、仕事も提供してもらえるだけではく、住居も提供してもらえるということ。また、将来的には、地元に戻ってもらい一緒に工場を運営してらいたい人を探していると。
最初は、本当にそんな都合の良いはなしがあるのかと半信半疑と感じ、…