2010年1月5日火曜日

体験しないと理解出来ないこと

最近、支援先の中小製造業に投資を集める仕事に注力している。

で、「お金」と聞くとなんだか胡散臭いと感じる御仁がいらっしゃるようで、あなたはそのような仕事はすべきでないと真顔で親切にアドバイスをいただいたたりスルこともある。

大体そのような方は中小企業を体験されたことがない方で、中小をめぐるお金の厳しさはとんと体験したことがない方が多い。

確かにモノづくりも困難をきわめることは理解できる、だが中小にこの時代にお金を投資するように働きかけるのは、本当に至難の業ということも理解してもらいたい。

仕事はお客があることが前提だ、その次に資金だ。しかしその資金を一般の金融機関から集めるのは至難の業だ。資金がなければサンプルも作れない。サンプルがなければお客も付かない。悪循環のお出ましだ。技術がいかに優れていようと、それは関係ない。

お金と言うものは、いかに楽に稼げるのかというところに流れていってしまう。

でも、その逆に、今みんなが張っているのと逆にかけることで、大きなプロフィットを得ることができる。これも真実だ。我々の仕事は、その可能性を極力わかりやすく、投資家に伝えることだ。それが使命だ。

0 件のコメント:

コメントを投稿